外資系転職に求められるスキルとは?

コミュニケーション能力

外資系企業で働くにはコミュニケーション能力が必要だというと、「それは日本の企業でも同じだ」と考える人もいるでしょう。しかし、さまざまな文化を持つ多様な民族で構成されている外資系企業では、日本の企業以上に、社員同士で密なコミュニケーションを取ることが重要だと考えられています。これには、仕事に関する情報をきちんと伝えて社内で共有しなくてはならないという意味もありますが、それ以外にも、より良い人間関係を結んでいくべきだという意味も含まれています。

いくら語学に堪能でも、相手の目を見て穏やかに話すことができない人は信頼されません。なにげない挨拶を交わしたり軽いジョークを飛ばし合ったりすることで相手の警戒を解き、仲間意識を育てていくことができます。コミュニケーションが上手く、仲間から愛される人間が外資系企業では求められているのです。

自己アピール力と積極性

外資系企業では、積極的に自分の意見を出して自分の存在をアピールしていく力も必要です。日本では謙譲の美徳が重んじられますから、自己アピールをする人は嫌われる傾向があります。しかし、外資系企業では自分の意見を言えない人は、役に立たない人だと見なされてしまいます。ですから、どのような場でも自分の意見をはっきりと伝えることを忘れてはなりません。 ただし、漠然とした考えをダラダラと述べるのでは逆効果です。ほかの人たちが納得できるように理論的に考えを組み立てておく必要があります。そのためには、日頃から企業や業界の動きに敏感になり、情報を収集して、自分なりの考えを常にまとめておかなくてはいけません。つまり、受け身ではなく積極的に仕事に向き合う姿勢も大切です。

© Copyright Skills In Advance Careers. All Rights Reserved