外資系企業のデメリットは?

成果が上がらない人は減給やリストラのリスクが高い

外資系企業は、語学や専門分野能力を活かして働きたい人から人気がありますが、特有のデメリットもあるため転職の際は十分に注意を払うことが大切です。例えば、実力主義の評価制度が導入されている外資系企業においては、過去の実務経験よりも職場における実績が最重視される傾向が見られます。そのため、転職後に思うように成果が上がらない人については、減給やリストラの対象となりやすいというデメリットがあります。こうした問題を防ぐには、給料や福利厚生ばかりでなく、志望企業の職種を確認して、適性の有無について判断をすることが重要です。また、外資系企業に勤める友人や先輩がいる場合には、転職後の働き方についてアドバイスをもらうと良いでしょう。

海外勤務の可能性がある職場ではマイホームを購入しにくい

海外に多くの事業所を構える外資系企業に転職をする場合には、海外駐在を命じられる可能性について面接時に確認しておくことが大切です。たとえば、営業職や総合職などの職種は、キャリアアップを目的として数年間の海外駐在を義務付けている企業も少なくありません。そのため、外資系企業への転職後にマイホームの購入を考えている人は、企業ごとの人材育成のシステムに目を通して、なるべく駐在期間が短いところや、長期休暇の際に自由に帰国ができるところを選びましょう。なお、企業によって転勤を断ることができる条件が異なるため、なるべく国内で仕事を続けたい人は、なるべく勤務先の希望が通りやすい企業を見つけることがポイントです。

© Copyright Skills In Advance Careers. All Rights Reserved