外資系転職に語学力は必要?

語学力が優れている人は様々な部署で頼りにされる

外資系転職に必要な英語力は、各企業の事業内容や職種などによって事情が異なりますが、ビジネスレベルで流ちょうに英語を話せる人は、様々な部署で頼りにされることがあります。たとえば、外国人の社員数が多い外資系企業においては、業務の中で英語を必要としない職種であっても、上司や同僚と円滑にコミュニケーションを取るうえで英語が役立ちます。また、外資系企業の中途採用試験において、難関の英語の検定試験に合格をした人や、海外留学や駐在のキャリアがある人は、人事担当者に興味を持ってもらえることがあります。そこで、外資系転職を成功させて希望通りの職場で働きたい場合には、時間を掛けて自分のペースで英語学習に取り組むと良いでしょう。

営業職は英語力が直接昇進に関わることもある

営業職として外資系企業に勤める人は、日常の業務の中で英語で電話の応対やメール交換などを行う機会が多くあり、順調に出世をするには、転職前にネイティブレベルの英語力を身に着けておくことがおすすめです。海外に多くの取引先がある外資系企業の中には、将来にわたり多角的に事業展開を行う目的で、英語力の高い営業担当者を優先的に昇進させるところもあります。また、中途採用で優良な外資系企業の営業職に転職をするには、英会話のスキルの他に営業トークの上手さが重視される傾向が見られます。そこで、近い将来に外資系企業に転職をしたい人は、面接時にアピールするために、在職中から営業に関するノウハウを習得することが大切です。

© Copyright Skills In Advance Careers. All Rights Reserved