外資系企業で働くメリットとは

個人に重視する外資系企業

外資系企業というと、実力主義というイメージを持たれていますよね。これまでの仕事に不満はないものの、キャリアアップのために外資系企業への転職を考えている人も少なくはないでしょう。外資系企業では、イメージ通り実力主義であることは間違いありませんが、日本の企業とはさまざまな違いがあります。 日本の企業では集団を重視している傾向にありますが、外資系企業では個人を重視し、個人の役割や引き受ける仕事の範囲も明確になっているのが特徴です。そのため、自分に与えられた仕事を終えれば、残業の必要もなくプライベートと仕事の両立ができるというわけです。一方で日本の企業では、チームで仕事をすることが多いため、仕事が終わってない人がいた場合には自分も残業をしなくてはなりません。

メリットの多い外資系企業

外資系企業は、給与水準が高いことが最大のメリットです。とはいえ、外資系企業の場合には成果主義型の賃金体系となっているため、それぞれのパフォーマンスが最重視され、成果を出せば昇給や昇格もありますが、成果がなければ減給や降格もあり得ます。能力が高ければ、男女や年齢に関係なく実力を評価され、若手であってもリーダーとして活躍できたり、女性でも役員に昇格できるのもポイントです。仕事が生活といった日本の企業の考え方とは異なり、仕事は生活していくうえで必要なものと割り切って、プライベートを大切にしているため、仕事と休日のオンオフがはっきりとしているのもメリットです。

外資系企業への転職をするには、日本の企業との違いを理解し、企業によっては社員の半分が外国人といったところもあるため、求められるレベルは異なりますが英語力は必要となります。また、自分の意見を積極的に発言できるコミュニケーション能力も必要です。

© Copyright Skills In Advance Careers. All Rights Reserved